記事投稿時のタグ補完用プラグイン「AddQuicktag」のインストール

「AddQuicktag」は記事作成・投稿時のタグ入力補完用プラグインです。
記事を作成するときによく使うタグの入力の簡略化やケアレスミスの防止に役立ちます。
この「AddQuicktag」のインストールから設定方法までを説明していきます。

「AddQuicktag」のインストール

プラグインの検索

まずはプラグインの新規追加画面に移動します。
プラグインのインストール
プラグイン検索窓に「AddQuicktag」と入力して検索を行います。
検索窓にプラグイン名を入力
検索結果に「AddQuicktag」が上がってくるのでいますぐインストールをクリックし、インストールを行います。

いますぐインストールをクリック
「本当にこのプラグインをインストールしてもいいですか?」でOKをクリックしてください。
インストールの確認画面
インストールが終わると次の画面が出てきますので「プラグインを有効化」をクリックし、プラグインを使えるようにします。
プラグインの有効化
これで「AddQuicktag」のインストールは終了です。次は設定を行います。

インストール終了

「AddQuicktag」の設定

タグの設定

画面左のメニューから設定→AddQuicktagで設定画面を開きます。
初期設定画面
この状態ではまだ何もタグ設定を行っていません。

「AddQuicktag」を有効にしたときに注意して欲しい点があります。
下図は「AddQuicktag」をインストールする前の新規投稿画面です。
デフォルトで配置されているタグ補完用のボタンがあるのが判ります。
インストールする前の新規投稿画面
こちらが「AddQuicktag」インストール直後の新規投稿画面です。
タグ補完用のボタンが消えています。
インストール直後の新規投稿画面
これは「AddQuicktag」の設定で追加タグを入れないとこのような状態になります。
1つでもタグ設定を追加するとデフォルトのタグ補完用ボタンンが表示されるようになります。
H2のタグを追加で入れてみましょう。
ここでボタン名は投稿画面に表示される表示名と開始タグ、終了タグを入力します。
タグの入力
タグを追加して保存をクリックすると入力したタグが保存されます。
入力したタグの保存
1つ、タグを追加したところで新規投稿画面を確認してみましょう。
H2タグが追加されているのと、デフォルトのタグが復活表示されているのが判ります。
設定後の新規投稿画面
必要なタグを設定画面で追加していくことにより、投稿画面でのタグ補完用ボタンが増えることになります。

エクスポート・インポート機能

AddQuicktagにはエクスポート、インポート機能が付いています。
この機能は例えばAというワードプレスサイトで使用しているAddQuicktagの設定を取り込み、BというワードプレスサイトのAddQuicktagに移行させることが出来ます。
この機能の説明を行います。

エクスポート機能

AddQuicktagの設定画面を見るとタグ入力の下の方にエクスポートとインポートのボタンがあります。
エクスポート画面
タグのエクスポート
インポート画面
タグのインポート
まずはエクスポートです。
「エクスポートファイルのダウンロード」ボタンをクリックします。
エクスポートファイルのダウンロード
すると「次のファイルを開こうとしています」の表示が出てXMLファイルを表示するか、ダウンロードするかの選択画面が出ているので「ファイルを保存する」にチェックを入れてOKボタンをクリックします。(この表示はFireFOXブラウザを使用の場合、他のブラウザの場合、適切な処理をお願いします。)
この時のファイル名は日付+addquicktag.xmlでダウンロードされます。
これでエクスポート作業は終了です。

インポート機能

次にインポートの説明を行います。

タグのインポート
インポート画面から「参照」ボタンをクリックしてエクスポートでダウンロードしたファイルを選択します。
addquicktagファイルの選択
「ファイルのアップロード・インポート」ボタンをクリックしてインポートを行います。
インポートボタンのクリック
インポートを行うと設定画面にインポートデータが反映されていることが判ります。
インポートデータが反映
投稿画面を確認してみるとタグ補完用ボタンが追加されていることが判ります。
設定反映後の投稿画面
これでAddQuicktagプラグインのインストール及び設定は完了です!

  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

Google公式プラグインを使って出来るワードプレスのAdsense管理でリスク回避を
ワードプレスの定番プラグイン「Jetpack」の使える便利な機能、5つをピックアップ!
Googleに更新情報を素早く伝えるためのプラグイン「PuSHPress」
ワードプレス・プラグインのインストール方法
データを簡単にグラフ化してくれるプラグイン「Visualizer – WordPress Charts and Graphs」
PS Auto Sitemapプラグインのインストール
CSVデータを簡単にインポート出来るプラグイン「Really Simple CSV Importer」を使用する際のポイント
ツイッターとワードプレスを連携させるプラグイン「WP to Twitter」の設定方法
ワードプレスで投稿時にツイッターで画像も一緒に送れるプレスプラグイン「SNAP」
人気記事表示用プラグイン「WordPress Popular Posts」の設定方法
サイトコンテンツのコピーを防ぐプラグイン「Check Copy Contents」、「Easy Watermark」
ワードプレステーマを変更せずにCSSを追加・管理する方法
GoogleがWordPress用プラグインの提供を始めました
公開前の記事チェックに使えるプラグイン・Public Post Preview
ワードプレステーマのCSSに影響なくスタイルシートを変更出来るプラグイン

Menu

HOME

 TOP