Google XML Sitemapsプラグインのインストール

Google XML Sitemaps」はロボット検索用のXMLファイルを自動で作成するプラグインです。
XMLのサイトマップを作成するツールは今までも有りましたが、それらはサイト構成をダウンロードしてXMLファイルを作成し、また、サイトにFTPツールを使ってアップする作業を必要としていました。
しかしワードプレスには記事投稿時に同時にXMLファイルを作成してくれるプラグインが存在します。
その中でも評判がいいのが今回紹介する「Google XML Sitemaps」になります。

「Google XML Sitemaps」のインストール

Google XML Sitemapsはプラグインの新規追加画面から検索を行う事で見つかります。

GoogleXMLSitemapプラグインの検索

「いますぐインストール」をクリックしてインストールを行います。

いますぐインストール

「本当にこのプラグインをインストールしてもいいですか?」と出ますのでOKボタンをクリックします。

プラグインインストール

インストールが終わると次の画面が出るので「プラグインを有効化」をクリックします。

GoogleXMLSitemapプラグインをインストール中

プラグインの有効化が終わると次の画面が出ます。これでインストールは終わりです。

GoogleXMLSitemapプラグインのインストール確認

次に設定を行います。

「Google XML Sitemaps」の設定

メニュから設定⇒XML‐SitemapをクリックしてGoogle XML Sitemapsの設定画面を表示させます。
GoogleXMLSitemapプラグインの設定画面

この設定画面ですがほとんどいじるところがありません。デフォルトのままでも問題無いと思います。
もし、コンテンツでXMLファイルを出力するしないというのがあればSitemapコンテンツの部分を設定変更することで対応出来ると思います。

Sitemapコンテンツの設定画面

XMLファイルの確認方法

XMLファイルがちゃんと出来ているかどうかの確認方法ですが、ブラウザにサイトURL/sitemap.xmlを直接入力してみて下さい。

ブラウザでXMLファイルの確認

XMLファイルがちゃんと作成されていれば次のように表示されます。

XMLファイルの表示

これでGoogle XML Sitemapsプラグインのインストール及び設定は完了です!

  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

Google公式プラグインを使って出来るワードプレスのAdsense管理でリスク回避を
人気記事表示用プラグイン「WordPress Popular Posts」の設定方法
Ping送信管理プラグイン「WordPress Ping Optimizer」で送信エラーをチェック
FireFox、Chromeブラウザのアドオンツール「SimilarWeb」で簡単にアクセス解析を
ツイッターとワードプレスを連携させるプラグイン「WP to Twitter」の設定方法
過去の投稿記事をTwitterで自動再ツイートするプラグイン・Tweetily
ワードプレステーマのCSSに影響なくスタイルシートを変更出来るプラグイン
ワードプレスとGoogle+を連携させるプラグイン「JetPack」の設定方法
CSVデータを簡単にインポート出来るプラグイン「Really Simple CSV Importer」を使用する際のポイント
FacebookのID取得方法について(2016年版)
サイト構造と被リンクの確認が無料で出来るツール「AdMatrix Analytics」
CSVデータインポート時に体験した注意点やインポートエラーの解決方法
ワードプレスの投稿記事を簡単に一括削除する3つの方法
マイクロフォーマット・マイクロデータはSEOに有効なの?
ワードプレスでfunctions.phpのコードを簡単に管理できるプラグイン「Code Snippets」

Menu

HOME

 TOP