このサイトのテーマについて

このブログのワードプレステーマですがNobuo_CREATEさんの「Principle」を使わせて頂いています。

Nobuo_CREATEさんのプロフィールはこちら

他のサイトでは自作のテーマやSEOに定評のある「Stinger」を使っていますが、この「Principle」は子テーマを採用していてテーマのバージョンアップの際にあまり手を入れなくて済むというところ、又、作者のNobuo_CREATEさんのTwitterからあふれ出るテーマへの熱意を感じて一度、使ってみようと思い、採用に至りました。

実際に使ってみるとCSSの記述が判りやすいのでサイトのデザイン変更が容易な事、又、デザイン上で画像を最小限にしか使っていないので画像の入れ替えも少なく、手を入れるところが少ない事がいいところですかね。

とりあえず今のところはグリーン系でまとめてみましたが、気が変われば違うカラ-にも変更してみようと思います。

まずはこんな便利なテーマを無料で公開しているNobuo_CREATEさんに感謝です。

Nobuo_CREATEさん作成のワードプレステーマ「Principle」はこちらから詳細が確認出来ます。

今のところはデザインしか触っていないので、手を入れた部分を今後、紹介していきたいと思います。

  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

ワードプレスでヒートマップ解析を簡単に行えるツール「User Heat」
ワードプレスのテーマにOGP(Open Graph Protocol)を簡単に対応させる方法
ワードプレスでfunctions.phpのコードを簡単に管理できるプラグイン「Code Snippets」
過去の投稿記事をTwitterで自動再ツイートするプラグイン・Tweetily
CSVデータを簡単にインポート出来るプラグイン「Really Simple CSV Importer」を使用する際のポイント
使っているワードプレステーマは大丈夫?テーマの選定方法とチェックポイント
ワードプレステーマのCSSに影響なくスタイルシートを変更出来るプラグイン
実はこんなにある無料ブログやサービスからのワードプレスへのデータ移行方法
CSVデータインポート時に体験した注意点やインポートエラーの解決方法
Ping送信管理プラグイン「WordPress Ping Optimizer」で送信エラーをチェック
Googleに更新情報を素早く伝えるためのプラグイン「PuSHPress」
データを簡単にグラフ化してくれるプラグイン「Visualizer – WordPress Charts and Graphs」
MySQLデータベースを使用しないでワードプレスを構築する方法
サイトコンテンツのコピーを防ぐプラグイン「Check Copy Contents」、「Easy Watermark」
ワードプレステーマを変更せずにCSSを追加・管理する方法

Menu

HOME

 TOP