PS Auto Sitemapプラグインのインストール

「PS Auto Sitemap」はサイトマップ作成用のプラグインです。

サイト内容の一覧表示を行うプラグインになります。

この「PS Auto Sitemap」のインストール方法をこれから説明していきます。

「PS Auto Sitemap」のインストール

プラグインの検索

まずはプラグインの新規追加画面に移動します。
PsAutoSitemapのプラグイン検索
プラグイン検索窓に「PS Auto Sitemap」と入力して検索を行います。
PsAutoSitemapのプラグインをいますぐインストール

プラグインのインストールと有効化

検索結果に「PS Auto Sitemap」が上がってくるのでいますぐインストールをクリックし、インストールを行います。
インストールが終わると次の画面が出てきます。
PsAutoSitemapのプラグインを有効化
ここでプラグインの有効化を行います。
PsAutoSitemapインストール後のプラグイン一覧画面
これで「PS Auto Sitemap」のインストールは終了です。

「PS Auto Sitemap」の設定

固定ページの作成

インストールが終わったらサイトマップを表示させる固定ページの準備を行います。
まずは固定ページの新規作成を行います。
固定ページの追加及びタグの記述
入力画面でサイトタイトル、パーマリンクの入力とタグの記述を行います。
この時に気を付けて欲しいのが「Google XML Sitemaps」のプラグインを導入している場合、パーマリンクにsitemapと入れるとプラグインがうまく動作しません。なのでパーマリンクをsite-mapやsitemap-html等、sitemap以外の設定を行ってください。
タグの記述ですが<!-- SITEMAP CONTENT REPLACE POINT -->の記述を行います。
そのまま、公開ボタンをクリックしておいてください。

ID番号の確認

固定ページの作成が終わったら固定ページ一覧に移動します。
サイトマップの設定を行った記事の上にマウスを持っていくと下の方にURLが表示されます。その中に固定ページのIDが表示されています。
ID番号の味方
投稿記事のURLをクリックして編集画面を表示させたときにブラウザのURL表示でも同じように確認が出来ます。
このID番号を設定画面で使用するのでメモをしておいてください。

設定画面でのID入力

左サイドのメニューから設定→PS Auto Sitemapをクリックして設定画面を表示させます。
PsAutoSitemap設定画面1
サイトマップを表示する記事のところにID番号を入力後、設定を保存します。
設定画面でID番号を入力
これで1通りの設定は終了です。あとは好みで設定を色々といじってみて下さい。

サイトの確認

設定を終えたら、サイトマップを表示させてみましょう。「Principle」の場合は固定ページを作成するとNaviの部分にリンクが表示されているのでサイトマップをクリックします。
サイトマップ公開画面
サイトマップが表示されたらこれでプラグインの設定は完了です。

  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

ワードプレスでfunctions.phpのコードを簡単に管理できるプラグイン「Code Snippets」
記事投稿時のタグ補完用プラグイン「AddQuicktag」のインストール
サイト構造と被リンクの確認が無料で出来るツール「AdMatrix Analytics」
ツイッターとワードプレスを連携させるプラグイン「WP to Twitter」の設定方法
ウェブサイトの表示スピードを測定できるウェブサービス「GTmetrix」
FacebookのID取得方法について(2016年版)
サイトの動きが重たい時に調査する方法-ワードプレス限定
Ping送信管理プラグイン「WordPress Ping Optimizer」で送信エラーをチェック
FireFox、Chromeブラウザのアドオンツール「SimilarWeb」で簡単にアクセス解析を
ワードプレスの投稿記事を簡単に一括削除する3つの方法
アイコンフォントをワードプレスで簡単に使えるプラグイン「WP Visual Icon Fonts」
ワードプレステーマのCSSに影響なくスタイルシートを変更出来るプラグイン
ワードプレスのテーマ作成・編集の際に使えるプラグイン「Theme Test Drive」
ワードプレスサイトのセキュリティは大丈夫!?3つのポイントを押さえて万全に
ワードプレス・プラグインのインストール方法

Menu

HOME

 TOP