サイトの管理・運用に便利なプラグイン「Google Analytics Dashboard」のインストール

ワードプレスサイト運用の際に入れておきたいプラグインが今回、紹介する「Google Analytics Dashboard」です。

この「Google Analytics Dashboard」はワードプレスの管理画面にログインした際に簡易的にアクセス数のグラフが出るのと、投稿一覧の画面でも投稿ページ毎に簡単なアクセス数が出るのが便利です。

ちなみに「Google Analytics Dashboard」で新規追加検索から検索を行うと「Google Analytics Dashboard」と「Google Analytics Dashboard for WP」が表示されますが、今回、説明しているのは「Google Analytics Dashboard」の方です。「Google Analytics Dashboard for WP」は使用した事が無いのであしからず。

インストール方法

インストールは「Google Analytics Dashboard」で検索を掛けて表示されたら「いますぐインストール」でインストール出来ます。

詳しいインスト―ル方法はワードプレス・プラグインのインストール方法を参照してみて下さい。

設定方法

「Google Analytics Dashboard」の設定方法ですが、左メニューの設定⇒「Google Analytics Dashboard」から設定画面を開いて、「Start the login Process」をクリックしてGoogle Analyticsと紐付けるか、Google AnalyticsのログインE―mailとパスワードを入力して「login」すると設定が反映されます。

Google Analytics Dashboardの設定

最後に

簡単ですが便利な「Google Analytics Dashboard」を一度、試して見て下さい! 

  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

CSVデータインポート時に体験した注意点やインポートエラーの解決方法
ワードプレスの定番プラグイン「Jetpack」の使える便利な機能、5つをピックアップ!
ワードプレスデータをMovable Type(MT)や無料ブログにインポート(移行)する方法
ワードプレスでfunctions.phpのコードを簡単に管理できるプラグイン「Code Snippets」
MySQLデータベースを使用しないでワードプレスを構築する方法
ワードプレスの投稿記事を簡単に一括削除する3つの方法
サイトの動きが重たい時に調査する方法-ワードプレス限定
実はこんなにある無料ブログやサービスからのワードプレスへのデータ移行方法
ワードプレスのテーマにOGP(Open Graph Protocol)を簡単に対応させる方法
ワードプレス構築の際に最初に入れると便利なプラグイン(Principle限定)
過去の投稿記事をTwitterで自動再ツイートするプラグイン・Tweetily
Googleに更新情報を素早く伝えるためのプラグイン「PuSHPress」
このサイトのテーマについて
Ping送信管理プラグイン「WordPress Ping Optimizer」で送信エラーをチェック
CSVデータを簡単にインポート出来るプラグイン「Really Simple CSV Importer」を使用する際のポイント

Menu

HOME

 TOP