本当に必要?ワードプレスでのピンバック(PingBack)を止める方法

ピンバッグって何?

WordPressには、「ピンバック」という機能があります。

トラックバックの一種で、WordPressサイト同士でのみ通用する機能です。

このピンバック機能ですが、自分のWordPressサイト記事で、他のWordPressサイト記事へのリンクを貼るだけで、自動的に相手サイトに通知が行き、しかもリンクを貼った相手サイトの記事のコメント欄に、自分の投稿記事のタイトルが表示されるという便利な機能なんですが、あなたのサイトは大丈夫ですか?「Pingback」機能が悪用されているかも?でも紹介している通り、悪用される場合もあります。

また、ワードプレスのデフォルトの設定で、自サイト内でリンクを貼るとそのリンクにもピンバック機能が働いてしまい、コメントページに反映されてしまいます。

そのコメントをその都度、承認するのも大変だし、そもそも自サイトにコメントを残すのもおかしいですよね。

そこでその内部ピンバックを解消する方法を紹介します。

内部ピンバックを解消する方法

ディスカッションの設定変更

内部ピンバック解消方法ですが、実は簡単な設定で行えます。

まずは左メニューの設定からディスカッションをクリックして、ディスカッションの設定画面を表示させて下さい。
ディスカッションの設定画面

ディスカッション設定画面の一番上に「投稿のデフォルト状態」で「この投稿に含まれるすべてのリンクへの投稿を試みる」という項目がありますが、初期設定ではチェックが付いているのを外してください。

チェックを外す

チェックを外したら設定を保存しましょう。

設定保存

これで内部リンクのピンバックは解消されます。

コメントを削除

設定が終了しても、今までピンバックでコメント欄に反映されているコメントが削除される訳ではありません。

コメントの管理ページからピンバックのコメントを削除しておきましょう。

最後に

ワードプレスの初期設定で変更すべき点は色々とあります。バージョンアップによって変更が変わったりすることもありますので、そんなときの参考にしてもらえればと思います!

  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

無料テーマPrinciple限定でのOGP設定方法(コードあり)
OGPにおける記述方法の勘違いと修正方法(2015年春時点での最新情報?)
bitnamiで作ったワードプレスのテスト環境を英語から日本語環境に変更する方法
MySQLデータベースを使用しないでワードプレスを構築する方法
初心者でも出来るPCにWordPress環境を簡単に構築する方法
htaccessファイルの作成方法-サイトのリダイレクトやアクセス制限にも使えます
ワードプレスのテーマにOGP(Open Graph Protocol)を簡単に対応させる方法
今更ながら、ワードプレスで行っておくべきセキュリティ対策6つ プラスα
あなたのサイトは大丈夫ですか?「Pingback」機能が悪用されているかも?
Jetpackで自動に生成されるOGPタグを削除する方法
ワードプレスとGoogle+を連携させるプラグイン「JetPack」の設定方法
ワードプレスデータをMovable Type(MT)や無料ブログにインポート(移行)する方法

Menu

HOME

 TOP