デザイン全般で使えるweb色見本

ウェブでサイト色を検討する際に参考にしているサイトの覚え書きです。

このサイトの良い所はブラウザで名前が定義されている140色が色名と16進数で表示されている所はもちろんですが、それとは別に和色や洋色、web216、パステルカラー、ビビッドカラー、メトロカラーと使う用途によって色表示がされている部分が便利です。

例えばサイトで和を意識したサイトを作成する場合や、パステル系のサイトにしたい場合などに使う色の参考になります。

また、色の表示が16進数だけではなく、RGB表記やCMYK表記、Lab色空間、HSB色空間の値や色相、明度、彩度も表示しているのでフォトショップやイラストレーターを使っているデザイン系の方にもお勧めです。

例えば「darkcyan」のページを見てみると次のように表示されます。

色見本

情報が多いのでいろんなときに使えます。

ついでに色表示の意味を掲載しておきます。

  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

レスポンシブ・フレームワーク「Bootstrap」を使う際に便利なツール、アイコン、テンプレート
無料テーマPrinciple限定でのOGP設定方法(コードあり)
いろんな用途が見込めるフリーのアイコン集(PSDファイルでダウンロード出来るよ)
アイコン付きのフラットデザイン風ボタンを簡単に作れるツール「2.5dBUTTON」
サイト構造と被リンクの確認が無料で出来るツール「AdMatrix Analytics」
鮮やかな背景をCSSで表現できるウェブツール これはかなり使えます!
これは便利!グラデーションが簡単に作れるCSSジェネレーター
レスポンシブサイト構築に便利なCSSフレームワーク、グリッドデザイン搭載の「HTML KickStart」
htaccessファイルの作成方法-サイトのリダイレクトやアクセス制限にも使えます
ワードプレステーマを変更せずにCSSを追加・管理する方法
OGPにおける記述方法の勘違いと修正方法(2015年春時点での最新情報?)
レスポンシブウェブサイトで必須!メディアクエリとブレイクポイントの仕組み
ワードプレステーマのCSSに影響なくスタイルシートを変更出来るプラグイン
Bracketsでお薦めの拡張機能(エクステンション)と拡張機能のインストール・アンインストール方法
違うブラウザで同じ表示をさせるためには リセットCSSとノーマライズCSSの特徴

Menu

HOME

 TOP