ワードプレスで投稿時にツイッターで画像も一緒に送れるプレスプラグイン「SNAP」

ワードプレスとツイッターの連携プラグインで今までは「WP to Twitter」を使っていたのですが、別サイトで投稿時に画像も同時に投稿する必要が出てきたので なにかいいプラグインが無いか探していたところ、見つけたのがこのプラグイン「SNAP Features(Social Networks Auto Poster Features)」です。

ツイッターとワードプレスの連携で画像も一緒に投稿したいという方にお勧めのプラグインです。

SNAP Featuresのインストール

SNAP Featuresのインストールですがプラグインの検索で「Social Networks Auto Poster Features」で検索を行うと表示されるのでそちらからインストールしてください。

インストール方法はワードプレス・プラグインのインストール方法で説明しているのでそちらを参考にしてください。

Settingタブの設定項目

インストールが終わると管理画面の設定にSNAPが表示されるので設定を進めていきましょう。

設定画面を開く

最初に設定画面のsettingタブをクリックして下さい。ここから順に説明していきます。

ここでの設定は「Your Social Networks Accounts」タブで設定するSNSの投稿に反映されます。

How to make auto-posts?

「How to make auto-posts?」ですがここは特に変更の必要はありません。

SNAPの設定

User Privileges/Security

次にユーザー権限の設定です。

通常は管理者がすべて行うので追加の必要はありませんが管理者とは別に編集、投稿用のユーザーを作成している場合には、必要に応じて編集者や投稿者にチェックを入れて下さい。

ユーザーの設定

Include/Exclude WordPress Pages and Custom Post Types

この設定は特に変更や追加は必要ありません。

カスタムポストの設定

Categories to Include/Exclude

この設定ではカテゴリを選択します。通常は全部のカテゴリを選択しておけばいいですが、投稿に必要ないカテゴリがあればここでチェックを外して投稿しないように設定できます。

カテゴリの選択

URL Shortener

この設定は後で記述する「Message text Format」の設定で%SURL%を指定した時に有効になります。
SURLとはURLの短縮を意味しますが、ツイッターの場合、自動で短く表示されるので設定の必要はありません。
ここではスルーしましょう。

URLショートコードの設定

Auto-Import comments from Social Networks

投稿にコメントの挿入を自動で行う場合にチェックを入れます。通常は使わないのでデフォルトのままで問題ありません。

コメントのインポート

Additional URL Parameters

バックリンク用のURL追加フォームです。デフォルトのままで問題ありません。

URLパラメータの設定

Auto-HashTags Settings

ハッシュタグを自動的に入れるかどうかです。デフォルトのNothingのままでいいでしょう。

ハッシュタグの設定

%ANNOUNCE% tag settings

アナウンス用タグの設定です。ここもデフォルトのままで進めます。

アナウンスタグの設定

”Open Graph” Tags

OGP用タグの設定です。OGPの設定は今回は使わないのでチェックは入れませんがOGP自体はこれから必要になってくると思います。

OGPについてはOGPにおける記述方法の勘違いと修正方法(2014年春時点での最新情報?)で記事を書いていますので興味がある方は参考にしてみて下さい。

OGPの設定

Advanced ”Featured” Image Settings

画像表示で画像が無い場合の代替画像の設定です。デフォルトのままで問題ありません。

画像の設定

Alternative ”Fetured Image” location

NSAPプラグインは画像表示を行う場合、通常は記事の中の最初の画像を選択するようにプログラミングされているようです。
記事の中でなく、カスタム・フィールドを使って画像を表示しているような時に日張娜設定です。
ここも通常はデフォルトのままで問題ありません。

イメージロケーション

Debug/Report Setting

ここではデバッグやレポートの結果表示の設定を行います。通常はデフォルトのままでいいと思います。
エラー発生時にメールで連絡を受けたい場合には「Send Email notification for errors」にチェックを入れてメールアドレスを入力してください。

デバッグレポートの設定

ここまでの設定で変更点があれば「Update Settings」をクリックして設定を反映させて下さい。

Your Social Networks Accountsタブの設定項目

次にYour Social Networks Accountsタブに移動してツイッターのアカウントやコードの設定を行います。

その際にツイッターのアカウントやAPI key等が必要になるので予め取得しておいて下さい。

ツイッターのAPIコード等の取得

取得方法についてはツイッターとワードプレスを連携させるプラグイン「WP to Twitter」の設定方法の記事内で紹介しているのでそちらを参考にしてください。

必要なコードは

  • Account Nickname :ツイッターのアカウント
  • Twitter URL :httpsから入力してください
  • Twitter API key
  • Twitter API secret
  • Twitter Access token
  • Twitter Access token secret

になります。

Add new account

登録の準備が出来たら登録を行います。
まずは「Add new account」をクリックして下さい。

SNSアカウント入力

Add New Network

「Add New Network」の表示が出てくるのでドロップダウンで「Twitter」を選択してください。

SNSの種類を選択

Twitter用コードの入力

ツイッター用の入力画面が出てくるので取得しておいたアカウントやAPI keyの入力を行います。

ツイッターのコード入力

投稿の際に画像を使う場合には「Attach Images to Twitter Post」にチェックを入れます。

画像を使うためにチェックを入れる

とりあえずこの状態で「Update Settings」をクリックして設定を保存しましょう。

ツイッターの設定確認

設定が終了したら次のような表示が出ます。これで設定は終了です。

ツイッター設定終了確認

次に設定の確認をしましょう。実際にテストで投稿してみます。
「show Settings」をクリックして設定画面を開いてください。すると画面下の方にテスト用のボタンがあるのでテストをしてみましょう。

ツイートテスト

ツイートがうまくいけばOKの画面が出ます。

テスト送信

テストツイートですが実際にツイートされています。テスト後は削除しておいて下さい。

メッセージのカスタマイズ

あとはツイートメッセージのカスタマイズです。
ツイッターの設定画面の下の方に「Message text Format :」の表示と入力フォームがあるのでそこにテキストやタグを入れていきます。
メッセージのカスタマイズ

入力フォームをクリックすると使用可能なタグが下に表示されるので参考にして下さい。

また、SNAP Featuresのサイトでもタグの紹介をしています。そちらも参考にしてみて下さい。

最後に

今回紹介したプラグイン「SNAP Features(Social Networks Auto Poster Features)」ですが、ツイッター以外にもいろんなSNSとの連携が可能です。

連携が可能なSNS

今回はツイッターとの連携部分を紹介しましたがOGP設定や他のSNSとの連携も使ってみてはどうでしょうか。


WordPressに特化したレンタルサーバー『wpXレンタルサーバー』

WordPressに特化したレンタルサーバー『wpXレンタルサーバー』

  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

実はこんなにある無料ブログやサービスからのワードプレスへのデータ移行方法
ツイッターとワードプレスを連携させるプラグイン「WP to Twitter」の設定方法
公開前の記事チェックに使えるプラグイン・Public Post Preview
ワードプレス構築の際に最初に入れると便利なプラグイン(Principle限定)
MySQLデータベースを使用しないでワードプレスを構築する方法
ワードプレステーマを変更せずにCSSを追加・管理する方法
サイトコンテンツのコピーを防ぐプラグイン「Check Copy Contents」、「Easy Watermark」
無料テーマPrinciple限定でのOGP設定方法(コードあり)
ワードプレスのテーマにOGP(Open Graph Protocol)を簡単に対応させる方法
GoogleがWordPress用プラグインの提供を始めました
使っているワードプレステーマは大丈夫?テーマの選定方法とチェックポイント
PS Auto Sitemapプラグインのインストール
ワードプレスのテーマ作成・編集の際に使えるプラグイン「Theme Test Drive」
CSVデータインポート時に体験した注意点やインポートエラーの解決方法
アイコンフォントをワードプレスで簡単に使えるプラグイン「WP Visual Icon Fonts」

Menu

HOME

 TOP