悪用厳禁!Android端末の居場所が特定できるAndroidデバイスマネージャー

GooglePlayからAndroid端末用のリモート操作用にAndroidデバイスマネージャーというアプリが出ているのを知っていますか?
このアプリは遠隔でAndroid端末にロックを掛けたり、紛失した時に場所を特定するアプリになります。

Androidデバイスマネージャーのバージョン情報

アプリがインストール出来るAndroidOSの要件ですが2.3 以上が必要となります。
最新のバージョンは1.3.8で2014年8月7日にアップデートとなっています。

Androidデバイスマネージャーってどんなアプリ

このAndroidデバイスマネージャーですが、もともとの機能で

1.Googleアカウントと関連付けられているAndroid搭載端末を見つける
2. 端末の画面ロックPINをリセットする
3. 端末内のデータをすべて消去する

の3つがあったのですが今回のアップデートで「紛失した端末を探す方法として、折り返し用電話番号の設定が可能」になっています。
これらの機能がAndroidデバイスマネージャーをダウンロードした端末に対し、パソコンのブラウザから遠隔操作を行うことができるようになっています。
また、バグ修正と動作の改善も同時に行っているようです。

このAndroidデバイスマネージャーですが、まだ試してはいないのですが、複数の端末が管理できるようになれば家族の端末管理や居場所確認も出来るって事になるので小さい子供の居場所を確認したりするときに使えるかもしれません。

Androidデバイスマネージャーの設定方法

設定としては下記のGooglePlayからアプリをダウンロードしてGoogleアカウントと紐付けを行います。
次にPCからAndroid デバイス マネージャーのサイトに接続してこちらもGoogleアカウントとの紐付けを行うと最初に「Androidデバイスマネージャーへようこそ」の画面が出て承認画面が出てきます。

承認画面

そこで承認ボタンをクリックするとAndroid端末の場所がGoogleMap上に表示されます。

デバイスマネージャー位置確認画面

その画面上から着信音を鳴らしたり、端末のロックを行ったりすることが出来ます。

着信音・ロック操作画面

最後に

普段はあまり用途がなさそうなアプリですが、実際にスマホをなくしてしまった時などに後悔しないように入れておくといいかもしれません。

備えあれば憂いなしですね!

  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

Bracketsでお薦めの拡張機能(エクステンション)と拡張機能のインストール・アンインストール方法
Bracketsを使っている方へお薦めの一冊「Webのための次世代エディタBracketsの教科書」
Windows7,8からWindows10に更新後の環境改善を行うツールを試してみました
サイト構造と被リンクの確認が無料で出来るツール「AdMatrix Analytics」
SNS上でのサイトの評価・評判を解析する無料ウェブアプリ
Dreamweaverを超えた?無料で使える高性能htmlエディタBrackets
Evernoteにも保存できる、無料で使える画面キャプキャツール「Skitch」
簡単にWindows10のフォントを変更できるツール
HTML5ベースのアニメーションを手軽に作成出来るウェブアプリ
FireFox、Chromeブラウザのアドオンツール「SimilarWeb」で簡単にアクセス解析を
画像に簡単に説明を加える事が出来るキャプチャ(スクリーンショット)&注釈ツール「Screenpresso」
これは便利!オンラインで出来る日本語校正補助ツール!
表示しながらCSSの編集が出来るFirebugの使い方
競合サイトのアクセス解析が無料で出来るツール「SimilarWeb」
拡張子が.key(Keynoteで作成)のファイルをウィンドウズ(Windows)で開く方法

Menu

HOME

 TOP