Ping送信管理プラグイン「WordPress Ping Optimizer」で送信エラーをチェック

サイト更新の通知でPingの設定をしているワードプレスユーザーの方に入れておいて欲しいプラグインを紹介します。

Ping送信を管理するプラグイン

通常、Ping送信は記事更新の際に通知を行うものですが、記事編集を頻繁に行った際にワードプレスのデフォルト設定では記事更新の都度にPing送信を行っています。

記事更新のたびにPing送信を行っていると、たまたま記事を編集中に頻繁に更新してしまうと、Ping送信先のサーバからスパム扱いをされる可能性も否定できません。

出来れば、Ping送信のタイミングも管理しておきたいですよね。

そんな時に便利なのが今回紹介する、プラグイン「WordPress Ping Optimizer」です。

インストールと設定

この「WordPress Ping Optimizer」ですが基本的にはインストールするだけで設定は不要です。

デフォルトの設定で、記事が新規公開されるときだけにPing送信が行われます。

Ping管理用プラグイン

別途、記事更新の際にもPingを送信したい時には設定画面の「Enable pinging」のチェックを外して「Save Settings」をクリックして下さい。

これで記事更新の際にもPing送信が行われるようになります。

通常時には、「Enable pinging」のチェックを入れておくのを忘れないようにしておきましょう。

また、「WordPress Ping Optimizer」には「Limit excessive pinging in short time」という項目があります。

ここにチェックを入れると次のような画面が表示されます。

追加設定

デフォルトでは15分に1回、Ping送信が行われるようになります。

基本的にPingの頻度を高くすると、スパム判定される可能性が高くなるので使わない方が無難です。

Ping送信Logの確認も

「WordPress Ping Optimizer」の設定画面を開くと、下の方にPing Logが表示されています。

Ping Log

このログを見るとPingingとNOT pingingが表示されています。

このログを見ることで、Ping送信状態を確認する事が出来ます。

最後に

このPing送信を管理するプラグイン「WordPress Ping Optimizer」ですが、サイト構築初期に入れておくだけであとは基本的にメンテフリーなので、構築時には是非、入れておきたいツールです。

  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

PS Auto Sitemapプラグインのインストール
ツイッターとワードプレスを連携させるプラグイン「WP to Twitter」の設定方法
MySQLデータベースを使用しないでワードプレスを構築する方法
CSVデータを簡単にインポート出来るプラグイン「Really Simple CSV Importer」を使用する際のポイント
Google公式プラグインを使って出来るワードプレスのAdsense管理でリスク回避を
ワードプレス構築の際に最初に入れると便利なプラグイン(Principle限定)
ワードプレスのテーマにOGP(Open Graph Protocol)を簡単に対応させる方法
記事投稿時のタグ補完用プラグイン「AddQuicktag」のインストール
データを簡単にグラフ化してくれるプラグイン「Visualizer – WordPress Charts and Graphs」
ワードプレスで投稿時にツイッターで画像も一緒に送れるプレスプラグイン「SNAP」
人気記事表示用プラグイン「WordPress Popular Posts」の設定方法
ワードプレス・プラグインのインストール方法
Jetpackで自動に生成されるOGPタグを削除する方法
ワードプレステーマを変更せずにCSSを追加・管理する方法
htaccessファイルの作成方法-サイトのリダイレクトやアクセス制限にも使えます

Menu

HOME

 TOP