Google XML Sitemapsプラグインのインストール

Google XML Sitemaps」はロボット検索用のXMLファイルを自動で作成するプラグインです。
XMLのサイトマップを作成するツールは今までも有りましたが、それらはサイト構成をダウンロードしてXMLファイルを作成し、また、サイトにFTPツールを使ってアップする作業を必要としていました。
しかしワードプレスには記事投稿時に同時にXMLファイルを作成してくれるプラグインが存在します。
その中でも評判がいいのが今回紹介する「Google XML Sitemaps」になります。

「Google XML Sitemaps」のインストール

Google XML Sitemapsはプラグインの新規追加画面から検索を行う事で見つかります。

GoogleXMLSitemapプラグインの検索

「いますぐインストール」をクリックしてインストールを行います。

いますぐインストール

「本当にこのプラグインをインストールしてもいいですか?」と出ますのでOKボタンをクリックします。

プラグインインストール

インストールが終わると次の画面が出るので「プラグインを有効化」をクリックします。

GoogleXMLSitemapプラグインをインストール中

プラグインの有効化が終わると次の画面が出ます。これでインストールは終わりです。

GoogleXMLSitemapプラグインのインストール確認

次に設定を行います。

「Google XML Sitemaps」の設定

メニュから設定⇒XML‐SitemapをクリックしてGoogle XML Sitemapsの設定画面を表示させます。
GoogleXMLSitemapプラグインの設定画面

この設定画面ですがほとんどいじるところがありません。デフォルトのままでも問題無いと思います。
もし、コンテンツでXMLファイルを出力するしないというのがあればSitemapコンテンツの部分を設定変更することで対応出来ると思います。

Sitemapコンテンツの設定画面

XMLファイルの確認方法

XMLファイルがちゃんと出来ているかどうかの確認方法ですが、ブラウザにサイトURL/sitemap.xmlを直接入力してみて下さい。

ブラウザでXMLファイルの確認

XMLファイルがちゃんと作成されていれば次のように表示されます。

XMLファイルの表示

これでGoogle XML Sitemapsプラグインのインストール及び設定は完了です!

  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

Ping送信管理プラグイン「WordPress Ping Optimizer」で送信エラーをチェック
ワードプレスでヒートマップ解析を簡単に行えるツール「User Heat」
マイクロフォーマット・マイクロデータはSEOに有効なの?
CSVデータを簡単にインポート出来るプラグイン「Really Simple CSV Importer」を使用する際のポイント
CSVデータインポート時に体験した注意点やインポートエラーの解決方法
公開前の記事チェックに使えるプラグイン・Public Post Preview
サイトコンテンツのコピーを防ぐプラグイン「Check Copy Contents」、「Easy Watermark」
人気記事表示用プラグイン「WordPress Popular Posts」の設定方法
Google公式プラグインを使って出来るワードプレスのAdsense管理でリスク回避を
ワードプレスでfunctions.phpのコードを簡単に管理できるプラグイン「Code Snippets」
GoogleがWordPress用プラグインの提供を始めました
ワードプレステーマを変更せずにCSSを追加・管理する方法
過去の投稿記事をTwitterで自動再ツイートするプラグイン・Tweetily
ツイッターとワードプレスを連携させるプラグイン「WP to Twitter」の設定方法
アイコンフォントをワードプレスで簡単に使えるプラグイン「WP Visual Icon Fonts」

Menu

HOME

 TOP