GoogleがWordPress用プラグインの提供を始めました

Googleがワードプレスを使用している方向けのサイト運営者向けのプラグインの提供を始めたようです。

WordPress 用 Google サイト運営者向けプラグイン(ベータ版)について

もともと、ワードプレスはGoogleの検索エンジンに対して親和性があるといわれていましたが、とうとうここまでやるようになったんですね。

プラグイン名は「Google Publisher Plugin(beta)」のようです。

プラグインのダウンロード、インストール

ダウンロードはGoogle Publisher Plugin(beta)をクリックしてZIPファイルをダウンロードしてください。

もしくはプラグインの新規追加画面から「Google Publisher Plugin」で検索をかけると表示されるので「いますぐインストール」でインストール可能です。

プラグインのインストール

Googleアカウントとの紐付け

インストール後に設定→Google Publisher Pluginをクリックして設定画面を確認してみましょう。

インストール後の画面

「ご利用方法」のボタンをクリックすると現在、Googleにログインしていればそのアカウントで表示が出てきます。
違うアカウントでログインする必要がある場合は一度、Googleからログオフし、使用するアカウントで再ログインしてから設定を続けましょう。

アカウントとの関連付け

設定が終わると次の画面が出てくるのでここではウェブマスターツールのボタンをクリックしてみます。

Adsenseとウェブマスターツールのログイン画面

するとブラウザの別画面(タブ)にウェブマスターツールのサイトが開きます。

ウェブマスターツールとの連携

注意点ですが、Googleアカウントを複数使用している方はその都度、ログイン、ログオフが必要になります。
その点が少し面倒ですね。

あと、ウェブマスターツール側のメリットですがウェブマスターツールの画面がワードプレス管理画面から直接開けるというだけで他には特に入れるメリットはないと思います。

Adsenseの設定について

Adsenseについては実際に使用してみて今後レポートしたいと思います。Google Publisher PluginのAdsenseの設定についてで説明しているのでこちらを参照してみて下さい。

  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

FacebookのID取得方法について(2016年版)
人気記事表示用プラグイン「WordPress Popular Posts」の設定方法
ワードプレスの定番プラグイン「Jetpack」の使える便利な機能、5つをピックアップ!
データを簡単にグラフ化してくれるプラグイン「Visualizer – WordPress Charts and Graphs」
ワードプレステーマのCSSに影響なくスタイルシートを変更出来るプラグイン
Ping送信管理プラグイン「WordPress Ping Optimizer」で送信エラーをチェック
ワードプレスサイトのセキュリティは大丈夫!?3つのポイントを押さえて万全に
CSVデータインポート時に体験した注意点やインポートエラーの解決方法
ワードプレステーマを変更せずにCSSを追加・管理する方法
マイクロフォーマット・マイクロデータはSEOに有効なの?
サイトの動きが重たい時に調査する方法-ワードプレス限定
CSVデータを簡単にインポート出来るプラグイン「Really Simple CSV Importer」を使用する際のポイント
競合サイトのアクセス解析が無料で出来るツール「SimilarWeb」
PS Auto Sitemapプラグインのインストール
ワードプレスでヒートマップ解析を簡単に行えるツール「User Heat」

Menu

HOME

 TOP