実はこんなにある無料ブログやサービスからのワードプレスへのデータ移行方法

無料ブログサイトの規制やルール変更によって、無料ブログや他のCMSからワードプレスにコンテンツを移動させる機会が増えているようです。

メジャーな無料ブログ(FC2やアメーバブログ、Livedoor等)はデータの移行方法を記事にしている方がいるのですが、それほどメジャーではないところからのコンテンツの移動もあると思います。

そんな方にお勧めなのが、こちらのWORDPRESS Codex日本語版・コンテンツのインポートです。

このページにはインポートの基本的な方法と、各種ブログツール・サービスからの移行方法が記載されています。

その数、42種類のサービスに対応しています。

また、静的ページサイトからのインポート方法やExcel/CSV形式のファイル、RSSフィードからのインポート等、コンテンツのインポートについて多岐にわたる解説が紹介されています。

また、裏技的なものとして他のブログサービスからFC2ブログにインポートした後に、WordPressに変換する方法も紹介しています。

内容は少し上級者向けだとは思いますが、ここを見ればデータのインポートは何とか出来るのではと思うので、是非参考にしてみて下さい。

  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

CSVデータインポート時に体験した注意点やインポートエラーの解決方法
使っているワードプレステーマは大丈夫?テーマの選定方法とチェックポイント
ワードプレスでヒートマップ解析を簡単に行えるツール「User Heat」
サイトの動きが重たい時に調査する方法-ワードプレス限定
ワードプレスサイトのセキュリティは大丈夫!?3つのポイントを押さえて万全に
MySQLデータベースを使用しないでワードプレスを構築する方法
ワードプレスデータをMovable Type(MT)や無料ブログにインポート(移行)する方法
ワードプレスの定番プラグイン「Jetpack」の使える便利な機能、5つをピックアップ!
無料テーマPrinciple限定でのOGP設定方法(コードあり)
Ping送信管理プラグイン「WordPress Ping Optimizer」で送信エラーをチェック
ワードプレステーマを変更せずにCSSを追加・管理する方法
公開前の記事チェックに使えるプラグイン・Public Post Preview
Jetpackで自動に生成されるOGPタグを削除する方法
過去の投稿記事をTwitterで自動再ツイートするプラグイン・Tweetily
CSVデータを簡単にインポート出来るプラグイン「Really Simple CSV Importer」を使用する際のポイント

Menu

HOME

 TOP