使っているワードプレステーマは大丈夫?テーマの選定方法とチェックポイント

あなたがテーマを選ぶ基準は大丈夫?

ワードプレスでテーマを選ぶ時に皆さんはどのような基準でテーマ選びをしていますか?

デザイン性やレイアウトの美しさ、ユーザビリティ等、検討する項目は色々とあると思います。内部SEO対策やOGP対応、SNS対応等と色々あると思います。

その際に、無料のテーマをネットで見つけてきて使う時には、気を付けて欲しい点があります。

ワードプレステーマにマルウェアが

以前、「今更ながら、ワードプレスで行っておくべきセキュリティ対策6つ プラスα」の記事の中でも述べていたのですが、出所が怪しい、テーマやプラグインは使用しない方がいいという事を話しています。

そしてこちらは少し前に見つけた記事ですが、このようなことが実際に起こっているという事です。

また、こちらの記事も参考に

要は出所の判らない無料のテーマはなるべく使わない。どうしても使いたい場合には、テストをしてから使うようにしましょうという事です。

テーマを見つける際のポイント

そこで私なりに決めているテーマ選択のポイントです。

  • ・wordpress.orgの公式テーマディレクトリ
  • ・ワードプレス管理画面のテーマのインストールで検索出来るテーマ(イコール公式テーマ)
  • ・wordpress.org内の Commercially Supported GPL Themes で紹介されているテーマ
  • ・開発元と連絡が取れる配布元のテーマや、大勢のの方が使っていて信頼のおけるテーマ(出来れば日本の方が開発しているテーマ)

あとは有料で提供されていてサポートが付いているテーマを使用するのもいいかもしれません。

有料テーマで有名なのはSEOにも強いと評判の戦略的ワードプレステンプレート・賢威5.0や、ハイクオリティテーマで評判のTCDをお勧めします。

こちらはサポートもしっかりしていたり、コミュニティやヘルプが充実しているのでお薦めです!

テーマのチェック方法

上記のテーマ選択ポイントには当てはまらないが、どうしても使いたいテーマがある時の為に、最後にテーマが怪しいかどうかをチェックする方法が掲載されているURLを紹介しておきます。

こちらにチェック方法が掲載していますが、完全ではないようです。あくまでも自己責任の範疇で行って下さい。

また、テーマをインストールしたときにfunction.phpやWordPressのコアファイルのコードを書き換えるテーマがあったりするので、実際に稼働しているサーバーではチェックはしない方が賢明です。

出来ればローカルでテーマ確認用のテストサーバーを立てて行うのがいいと思います!

古くなったPCを活用するのも1つの方法だと思います。

  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

Jetpackで自動に生成されるOGPタグを削除する方法
ワードプレスデータをMovable Type(MT)や無料ブログにインポート(移行)する方法
CSVデータインポート時に体験した注意点やインポートエラーの解決方法
CSVデータを簡単にインポート出来るプラグイン「Really Simple CSV Importer」を使用する際のポイント
無料テーマPrinciple限定でのOGP設定方法(コードあり)
ワードプレスで作られているサイトのテーマやプラグインを調べる方法
カスタマイズを前提としたHTML5ベースのワードプレステーマ
サイトの管理・運用に便利なプラグイン「Google Analytics Dashboard」のインストール
ワードプレスの定番プラグイン「Jetpack」の使える便利な機能、5つをピックアップ!
Ping送信管理プラグイン「WordPress Ping Optimizer」で送信エラーをチェック
ワードプレステーマのCSSに影響なくスタイルシートを変更出来るプラグイン
サイトコンテンツのコピーを防ぐプラグイン「Check Copy Contents」、「Easy Watermark」
ワードプレスで投稿時にツイッターで画像も一緒に送れるプレスプラグイン「SNAP」
ワードプレスでヒートマップ解析を簡単に行えるツール「User Heat」
ワードプレス構築の際に最初に入れると便利なプラグイン(Principle限定)

Menu

HOME

 TOP