ワードプレステーマのCSSに影響なくスタイルシートを変更出来るプラグイン

Jetpack for wordpress.comプラグインを使ったCSSの管理方法「Jetpack for wordpress.comプラグインを使用して追加のCSSを管理する方法」を少し前に紹介しましたが、Jetpackは多機能であるが上にデフォルトでいろんな機能が追加されてしまい、こちらの意図しない動きをしてしまったり、機能が2重になったりすることがあります。

そこで今回、紹介するのが、「Simple Custom CSS」です。

このプラグインは、テーマに追加するCSSを追加する事に特化したプラグインで、追加したCSSを最後に反映させるので、元からあるテーマのCSSを変更することなく、CSSを追加することが出来ます。

Simple Custom CSS

このプラグインですが、評価もかなり高いです。

プラグインの評価

インストール

では実際にインストールしてみましょう。

管理画面のプラグイン→新規追加でプラグインの検索を「Simple Custom CSS」で行います。

プラグイン検索画面

「いますぐインストール」をクリックしてインストールを始めましょう。

プラグインを有効化すると管理画面の外観で「Custom CSS」のメニューが追加されています。

メニューに追加

使用方法

デフォルトは次のような画面です。

デフォルト画面

使用方法は枠内にCSSを書き込んで「Update Custom CSS」のボタンをクリックして保存するだけです。

CSSを書き込みアップロード

保存後に文章を確認して、実際にCSSが適用されているかどうか、チェックしましょう。

データの保存

「Simple Custom CSS」には、データのエクスポート機能がありません。

念のために適用したCSSデータはテキストファイル等で残しておきましょう。

最後に

今回、紹介した、ワードプレス用プラグイン「Simple Custom CSS」はテーマのCSS(スタイルシート)の追加に特化したプラグイン。従来のテーマのスタイルシートを変更することなく、スタイルシートを追加できるのでとても便利です。

テーマがすでにSEO対策や、機能が充実していて、CSSを追加してサイトの雰囲気を変えたりしたい時などに便利です。

簡単に使えるので、是非、参考にしてみて下さい。

  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

鮮やかな背景をCSSで表現できるウェブツール これはかなり使えます!
ワードプレスデータをMovable Type(MT)や無料ブログにインポート(移行)する方法
サイトの動きが重たい時に調査する方法-ワードプレス限定
違うブラウザで同じ表示をさせるためには リセットCSSとノーマライズCSSの特徴
表示しながらCSSの編集が出来るFirebugの使い方
CSVデータインポート時に体験した注意点やインポートエラーの解決方法
Bracketsでお薦めの拡張機能(エクステンション)と拡張機能のインストール・アンインストール方法
GoogleがWordPress用プラグインの提供を始めました
Googleに更新情報を素早く伝えるためのプラグイン「PuSHPress」
2014年春、人気のCSSフレームワーク フラットデザイン対応もあります
アイコンフォントをワードプレスで簡単に使えるプラグイン「WP Visual Icon Fonts」
公開前の記事チェックに使えるプラグイン・Public Post Preview
使っているワードプレステーマは大丈夫?テーマの選定方法とチェックポイント
ワードプレスサイトのセキュリティは大丈夫!?3つのポイントを押さえて万全に
記事投稿時のタグ補完用プラグイン「AddQuicktag」のインストール

Menu

HOME

 TOP