公開前の記事チェックに使えるプラグイン・Public Post Preview

ブログ記事を一般公開する前に上司や同僚に見てもらう、また取引先にチェックをお願いしたりする際に使えそうなプラグインを見つけたので紹介します。
プラグイン名は「Public Post Preview」
インストールして有効化するだけで特に難しい設定を行う事もなく使用できます。

インストール

インストール方法ですが、プラグインのインストール画面から「Public Post Preview」で検索すると上がってくるのでそのままインストールすればOKです。
判らない場合はワードプレス・プラグインのインストール方法を参考にしてみて下さい。

「Public Post Preview」検索した際にプラグイン名が外部確認の表示になっていました。
これはそれぞれの環境によって違うのかもしれませんが、私のPCで「Public Post Preview」の検索をかけた時に「外部確認」と表示されました。

外部確認の表示

詳細情報を確認すると「Public Post Preview」で間違いないようなのでそのままインストールを行って問題無いことを確認しています。

実際に使ってみる

Public Post Previewを実際に使ってみての使い勝手や気付いたことを記しておきます。

記事を公開する条件

この「Public Post Preview」の使い方ですが、記事を投稿して公開してしまうと、ボタンが表示されないようです。

記事を投稿して、下書きとして保存で記事の保存を行うと公開の部分に「Enable public preview」の表示とチェックボタンが表示されます。
ようは下書きの記事にしか有効にならないようです。
非公開の記事でも有効にならなかったので注意が必要です。

実際に使ってみる

投稿記事を下書きで保存すると図のように表示が出てきます。

ボタンの表示

チェックボックスにチェックを入れると下URLが表示されます。

URLの表示

そのURLをコピーして配布することによって閲覧が可能になります。
実際に発行されるURLはこんな感じです。

実際に表示されるURL

最後に

今回、紹介した「Public Post Preview」は上司の承認用や顧客の確認用などに使える便利なプラグインです。
是非、使ってみて下さい!

  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

ツイッターとワードプレスを連携させるプラグイン「WP to Twitter」の設定方法
サイトの動きが重たい時に調査する方法-ワードプレス限定
ワードプレス構築の際に最初に入れると便利なプラグイン(Principle限定)
ワードプレスとGoogle+を連携させるプラグイン「JetPack」の設定方法
Ping送信管理プラグイン「WordPress Ping Optimizer」で送信エラーをチェック
ワードプレスデータをMovable Type(MT)や無料ブログにインポート(移行)する方法
htaccessファイルの作成方法-サイトのリダイレクトやアクセス制限にも使えます
無料テーマPrinciple限定でのOGP設定方法(コードあり)
PS Auto Sitemapプラグインのインストール
Google公式プラグインを使って出来るワードプレスのAdsense管理でリスク回避を
ワードプレスの投稿記事を簡単に一括削除する3つの方法
ワードプレスでヒートマップ解析を簡単に行えるツール「User Heat」
Googleに更新情報を素早く伝えるためのプラグイン「PuSHPress」
サイトコンテンツのコピーを防ぐプラグイン「Check Copy Contents」、「Easy Watermark」
MySQLデータベースを使用しないでワードプレスを構築する方法

Menu

HOME

 TOP