ワードプレスで作られているサイトのテーマやプラグインを調べる方法

ネットでかっこいいサイトや気になるサイトを見つけた時にワードプレスで作られているサイトの事が結構多かったりします。
その際にどんなテーマを使っているのか、またどんなプラグインを使っているのかを簡単に調べる方法があります。
それはこれから紹介するサイトで気になるサイトURLをコピペしてサーチボタンを押すだけで簡単に調べることが出来ます。

そのサイトはこちら

WordPress Theme Search

「WHAT WORDPRESS THEME IS THAT?」と表示されている下に入力窓があるので気になるサイトのURLを入れると使用しているテーマの内容(Theme name、Author、Author Homepage、Version、Theme Screenshot)と使用しているプラグインが表示されます。

サイトのURLを入力する画面

テーマに子テーマを使用しているときには親テーマと子テーマの両方を調べてくれます。

親テーマと子テーマをチェック

ワードプレスのサイトはテーマで使用しているスタイルシートに情報が書かれているので、そのスタイルシート(style.css)からも情報を得ることは可能ですがURLをコピーするだけで簡単に詳細が判るのは便利ですね。

また、プラグインも次の様に表示されます。

プラグイン調査結果

ここで便利なのは使用しているプラグインを公表しているURLへのリンクが付いていることです。
これで使用しているプラグインの調査が簡単にできます。

気になるサイトでワードプレスで構築されているサイトであればこのツールを一度使ってみてはどうでしょうか。

  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

ワードプレス構築の際に最初に入れると便利なプラグイン(Principle限定)
ワードプレスの定番プラグイン「Jetpack」の使える便利な機能、5つをピックアップ!
MySQLデータベースを使用しないでワードプレスを構築する方法
ワードプレステーマを変更せずにCSSを追加・管理する方法
ワードプレスでヒートマップ解析を簡単に行えるツール「User Heat」
ワードプレスデータをMovable Type(MT)や無料ブログにインポート(移行)する方法
ワードプレステーマのCSSに影響なくスタイルシートを変更出来るプラグイン
データを簡単にグラフ化してくれるプラグイン「Visualizer – WordPress Charts and Graphs」
このサイトのテーマについて
ワードプレスの投稿記事を簡単に一括削除する3つの方法
CSVデータを簡単にインポート出来るプラグイン「Really Simple CSV Importer」を使用する際のポイント
過去の投稿記事をTwitterで自動再ツイートするプラグイン・Tweetily
ワードプレスのテーマにOGP(Open Graph Protocol)を簡単に対応させる方法
CSVデータインポート時に体験した注意点やインポートエラーの解決方法
公開前の記事チェックに使えるプラグイン・Public Post Preview

Menu

HOME

 TOP