ワードプレスのテーマ作成・編集の際に使えるプラグイン「Theme Test Drive」

「Theme Test Drive」とはどんなプラグイン?

ワードプレスでテーマの変更を行う時に事前にチェックを行ったり、テーマの変更を行う際に確認をする時がありますが、今までは、テスト環境を使って行っていました。

しかし、実際のデータを使っての微調整は運用中のサイトを使って行うのが便利です。

そんな時、便利なのが今回紹介するプラグイン「Theme Test Drive」です。

既存のテーマはそのまま運用しつつ、Theme Test Driveを適用しておくことにより、管理画面にログインしている間は別のテーマを表示させる事が出来ます。

当然、管理画面にログインしているPCのみの表示になるのですが、正規のテーマを運用したまま、サイトチェックが出来るので便利です。

プラグインのインストール

「Theme Test Drive」のインストールですが、プラグイン名で検索を行ってワードプレス・プラグインのインストール方法の内容に従ってインストールを行ってください。
管理画面のメニューに「Theme Test Drive」が表示されていればOKです。

プラグインの設定

次に「Theme Test Drive」の設定を行います。

メニューから設定画面を開いてみて下さい。

「Theme Test Drive」設定画面

設定画面の真ん中辺りにテーマを選べるメニューがあるのでそこでテストを行うテーマを選んで下さい。

テーマの選択

テーマを選択したら、「Enable Theme Drive」のボタンがあるのでそちらをクリックして、設定内容を反映させて下さい。

設定を反映

テーマが反映されるとメッセージが出てきます。

設定が反映されました
テーマをテストテーマから運用中のテーマに変更(戻す)場合は、「Disable Theme Drive」をクリックして設定をもとに戻して下さい。

運用中のテーマに戻します

これで一通りの説明は終わりです。

プラグインを使用してみて

実際にこの「Theme Test Drive」を使ってみての感想ですが、まず、運用中のデータをそのまま使って確認出来るので、CSSを細かくいじる際のチェック等にとても便利だという事です。

また、管理用のプラグインなので、サイトの運用を邪魔せずに使えるというところもいいですね。

サイトデザインを頻繁に行う方や、テーマ変更を考えている方にはお勧めのプラグインです。

  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

記事投稿時のタグ補完用プラグイン「AddQuicktag」のインストール
GoogleがWordPress用プラグインの提供を始めました
公開前の記事チェックに使えるプラグイン・Public Post Preview
ワードプレス・プラグインのインストール方法
Ping送信管理プラグイン「WordPress Ping Optimizer」で送信エラーをチェック
Googleに更新情報を素早く伝えるためのプラグイン「PuSHPress」
CSVデータインポート時に体験した注意点やインポートエラーの解決方法
PS Auto Sitemapプラグインのインストール
サイト管理・運用用プラグイン「Maintenance Mode」のインストール
サイトコンテンツのコピーを防ぐプラグイン「Check Copy Contents」、「Easy Watermark」
ワードプレスの定番プラグイン「Jetpack」の使える便利な機能、5つをピックアップ!
サイトの動きが重たい時に調査する方法-ワードプレス限定
ワードプレスでヒートマップ解析を簡単に行えるツール「User Heat」
Google XML Sitemapsプラグインのインストール
ワードプレスの投稿記事を簡単に一括削除する3つの方法

Menu

HOME

 TOP