HTML5ベースのアニメーションを手軽に作成出来るウェブアプリ

アニメーションはサイトに動きを持たせたい時や、コンテンツに目を引かせる方法としてによく使われています。

従来は簡単なものであれば、GIFアニメーション、複雑なものであればFLASHを使っていたのですが、HTML5ベースのサイトではあまり使われなくなっています。

特にCANVASでアニメーションが出来るようになってきてからは、その手法を使うようになってきています。

ただ、やはりCANVASを使うとなるとそれなりに技術が必要になってくるわけで、もっと簡単な方法が無いかなと探していた時に見つけたのが今回紹介するウェブアプリを使った方法です。

HTML5 MAKER

使い方は簡単で、動きを付けたい画像を用意して、その画像やテキストにアニメーションの設定を行い、動きをつけていきます。

アニメーションが完成したら「save」を行う事によって、HTML5形式でファイルがダウンロード出来ます。

このファイルをサイトに張り付ければ、アニメーションを動かす事が出来ます。

また、有料会員になればテンプレートをダウンロードする事も可能なようです。

Explore some Amazing Animationsに行けば、いろんなテンプレートが紹介しているので見るだけでもわくわくします。

サイトにアニメーションを取り入れたい方にお勧めです。

  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

簡単にWindows10のフォントを変更できるツール
表示しながらCSSの編集が出来るFirebugの使い方
フリーで使える高性能3D CADソフト「DesignSpark Mechanical」
サイト構造と被リンクの確認が無料で出来るツール「AdMatrix Analytics」
これは便利!オンラインで出来る日本語校正補助ツール!
拡張子が.key(Keynoteで作成)のファイルをウィンドウズ(Windows)で開く方法
悪用厳禁!Android端末の居場所が特定できるAndroidデバイスマネージャー
画像に簡単に説明を加える事が出来るキャプチャ(スクリーンショット)&注釈ツール「Screenpresso」
Bracketsでお薦めの拡張機能(エクステンション)と拡張機能のインストール・アンインストール方法
無料で使えるウェブスケジュール管理・予約管理ツール
FireFox、Chromeブラウザのアドオンツール「SimilarWeb」で簡単にアクセス解析を
競合サイトのアクセス解析が無料で出来るツール「SimilarWeb」
Bracketsを使っている方へお薦めの一冊「Webのための次世代エディタBracketsの教科書」
Windows7,8からWindows10に更新後の環境改善を行うツールを試してみました
Evernoteにも保存できる、無料で使える画面キャプキャツール「Skitch」

Menu

HOME

 TOP