ワードプレスデータをMovable Type(MT)や無料ブログにインポート(移行)する方法

ワードプレスからのデータ取り出しですが、標準でついているツールはWXRファイルと言って、ワードプレス対応のXMLファイル形式でしか、エクスポートが出来ません。

データベースを弄れば、CSV等でデータを取り出すことは可能とは思いますが、そのためのプログラムを組むこと等を考えるとあまり実用的ではありませんね。

そこで、今回はインポート作業を、割と簡単に出来る方法を紹介したいと思います。

ワードプレスのデータを無料ブログに移行する方法

無料ブログやMovable Typeからワードプレスへの変換(データのインポート)は割と簡単に出来ますし、ツールも色々とあるんですが、今回はその逆でワードプレスのデータを無料ブログにインポートしなければいけない案件があり、その際に調べた内容を記してみたいと思います。

ちなみに無料ブログでインポートできる形式はCSVファイル、もしくはMT形式というところが多いようです。

そこで今回は、ワードプレスデータのエクスポート→エクスポートデータをMT形式に変換→MT形式データをインポートという流れでデータのインポートが出来たので紹介します。

ワードプレスのエクスポート

まずはワードプレスのデータをエクスポートします。

ワードプレスの管理画面のツール→エクスポートをクリックしてエクスポート画面を出します。

ワードプレスデータのエクスポート

ここでエクスポートする内容を選択して「エクスポートファイルをダウンロードする」のボタンをクリックすると、ダウンロードが出来ます。

エクスポートファイルのダウンロード

「投稿」を選ぶと、4項目の内容を聞いてきます。

投稿記事の属性

固定ページを選ぶと、3項目の内容を聞いてきます。

固定ページの属性

コンタクトフォームを選んだ際は、項目は特に聞いてきません。

コンタクトフォームの属性

それぞれ、取り出したいデータを確認してデータのエクスポートを行うようにして下さい。

ただ、これはあくまでも私が試した結果ですが、無料ブログへのインポートの際は投稿データしか移行されないようです。

なので、Movable Typeに移行する場合は、すべてのデータをエクスポートしておいた方がいいと思いますが、無料ブログへの移行の場合は、投稿記事のみで問題ないと思います

また、そうした方が、後述するファイルサイズにも寄与すると思います。

ダウンロードしたファイルはXML形式で作られていて、テキストエディッタ(TeraPadや秀丸等)で中身を見ることが出来ます。

WXRファイルをMT形式に変換

次にWXRファイルをMT形式に変換します。

この変換方法ですが、ウェブにて「WxrToMt」というWXRファイルをMT形式に変換するツールがあるのでそれを使います。

データ変換ツール「WxrToMt」

参照ボタンをクリックして、ワードプレスからエクスポートしたWXRファイルを選択します。

出力対象等の出力したい内容を決めて、変換を行うとダウンロード画面が出てくるので、保存して下さい。

WXRファイルを選択

MT形式ファイルのダウンロード

すると名前を自動で付けてファイルをダウンロード出来ます。

ダウンロードしたファイルの中身を見てみると次のような構造になっています。

AUTHOR: 投稿者
TITLE: タイトル名
STATUS: publish
ALLOW COMMENTS: 0
CONVERT BREAKS: __default__
ALLOW PINGS: 0
PRIMARY CATEGORY: カテゴリ
CATEGORY: カテゴリ

DATE: 02/24/2014 06:02:03 AM
-----
BODY:
投稿内容
-----
EXTENDED BODY:
投稿内容の続き
-----
EXCERPT:
抜粋
-----
KEYWORDS:
キーワード
-----

AUTHORからKEYWORDSまでが一括りになっていて、その括りの連続でMT形式のファイルは構成されています。

この構造を知っておけば、無料ブログ用のインポートファイルは作れそうですね。

インポート作業

最後に無料ブログやMovable Typeへのインポート作業になりますが、これについてはそれぞれの無料ブログのツールを使ってインポートをすることになると思います。

ここではSeeSaaブログでのインポート方法を説明して見ます。

ブログの管理画面から設定メニューをクリックすると、設定画面が表示されるので「インポート」をクリックします。

インポートツールの選択

インポート画面が表示されたら、先程、作成したMT形式のファイルを参照ボタンから選択を行い、文字コードを確認して、ブログ利用規約にチェックを入れて、インポートボタンをクリックすれば、インポートが始まります。

インポート作業

インポートが成功すれば成功の表示が出て、記事一覧を見るとインポート出来ていることが確認できると思います。

注意点

MT形式ファイルのサイズが大きいとインポートに失敗することがあります。

実際、私が行った時は最初は失敗したので、その場合はファイルを分割して、ファイルサイズを小さくしてからインポートを行うとスムーズに行えました。

目安としては1ファイルあたり、1MB以下にしておけば大丈夫かと思います。

  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

今更ながら、ワードプレスで行っておくべきセキュリティ対策6つ プラスα
CSVデータインポート時に体験した注意点やインポートエラーの解決方法
サイトの動きが重たい時に調査する方法-ワードプレス限定
OGPにおける記述方法の勘違いと修正方法(2015年春時点での最新情報?)
Ping送信管理プラグイン「WordPress Ping Optimizer」で送信エラーをチェック
MySQLデータベースを使用しないでワードプレスを構築する方法
ワードプレステーマのCSSに影響なくスタイルシートを変更出来るプラグイン
CSVデータを簡単にインポート出来るプラグイン「Really Simple CSV Importer」を使用する際のポイント
ワードプレス構築の際に最初に入れると便利なプラグイン(Principle限定)
Googleに更新情報を素早く伝えるためのプラグイン「PuSHPress」
ワードプレスサイトのセキュリティは大丈夫!?3つのポイントを押さえて万全に
ワードプレスとGoogle+を連携させるプラグイン「JetPack」の設定方法
Jetpackで自動に生成されるOGPタグを削除する方法
ワードプレスのテーマにOGP(Open Graph Protocol)を簡単に対応させる方法
bitnamiで作ったワードプレスのテスト環境を英語から日本語環境に変更する方法

Menu

HOME

 TOP