サイトのトップページに画像スライドを入れる時などに使えるjQueryスクリプト

サイトのトップページに画像をスライドを入れる案件などに使えるjQueryスクリプト

サイトにスライド画像を入れる案件があって探して見つかったのがSlider pro。
備忘録的な紹介になりますが参考になれば。

追記:添付している画像が見にくかったので大きく見えるように変更しました(2015.9.28)

画像をスライドさせるスクリプト SliderProMaster

今回、紹介するのはSlider Pro master jqueryプラグインになります。
サイトのトップページなどで画像をスライドさせたりするのをよく見かけると思いますが、それをjqueryを使ってやって簡単に出来るツールです。
いろんなタイプのスライドのデモがリンク先で見れるので一度、見てもらうと機能がわかると思います。

5つのタイプのスライドを選べる

ちなみにデフォルトで5つのタイプのスライダーに対応していているのでデモ画面で試してみてください。
スライド画面は下の5タイプになります。
sliderpro-04

Slider Pro Masterを使ってみよう

Slider Pro Masterは、名前にProが付いているので有料っぽいですが無料で使用可能です。
まずはスクリプトをダウンロードします。
ダウンロードサイトはこちら

右側に「Download ZIP」というボタンがあるのでクリックするとダウンロード出来ます。
sliderpro-02

ダウンロードし終わって解凍を行うとフォルダが展開されるので中身を見てみましょう。
sliderpro-03

フォルダがいくつか展開されていますが、実際に使用するのはdistフォルダlibsフォルダになります。

設定方法

実際の使い方ですが、詳しく説明しているサイトがあります。
lider Pro – jQuery slider plugin
ただ、こちらは英語サイトなので簡単に説明をしておきます。

CSSとJavaScriptへのリンク

まずはスタイルシートファイルとJavaScriptファイルの指定を行います。
必要なのはslider-pro.min.css、jquery-1.11.0.min.js、jquery.sliderPro.min.jsの3つのファイルになります。
(jquery-1.11.0.min.jsはダウンロードの時期によってバージョンが変わる可能性があります)

<link rel="stylesheet" href="dist/css/slider-pro.min.css"/>
<script src="libs/js/jquery-1.11.0.min.js"></script>
<script src="dist/js/jquery.sliderPro.min.js"></script>

CMSやフレームワークで使うときには、ファイルを指定するときにフォルダの位置によって階層が変わってくるので注意してください。

画像の設定

次にどの場所にどの画像を使うかを次のmarkupで行います。

<div class="slider-pro" id="my-slider">
    <div class="sp-slides">
        <!-- Slide 1 -->
        <div class="sp-slide">
            <img class="sp-image" src="path/to/image1.jpg"/>
        </div>

        <!-- Slide 2 -->
        <div class="sp-slide">
            <p>Lorem ipsum dolor sit amet</p>
        </div>

        <!-- Slide 3 -->
        <div class="sp-slide">
            <h3 class="sp-layer">Lorem ipsum dolor sit amet</h3>
            <p class="sp-layer">consectetur adipisicing elit</p>
        </div>
    </div>
</div>

JavaScriptの有効化

次にJavaScriptを有効化します。
の前に次のタグを設置してください。

<script type="text/javascript">
    jQuery( document ).ready(function( $ ) {
        $( '#my-slider' ).sliderPro();
    });
</script>

充実したオプション

特筆すべきは基本系に加えていろんなオプションが追加可能だというところです。
全部で54種類のオプションがあり、このオプションを使えば大概のスライダー設定は可能だと思います。
ここで掲載しようと思ったのですが、表示しきれないので、pdfファイルで作ってみました。
興味がある方はダウンロードしてみてください。

画像だけではなく動画も使えるので便利です。

実際にオプションを使う場合ですが次のように設定します。

<script type="text/javascript">
    jQuery( document ).ready(function() {
        $( '#my-slider' ).sliderPro({
	width: "80%", /*幅設定
	aspectRatio: 1.5, /*縦横費の設定
	autoplayDelay: 10000, /*自動再生の間隔設定(ミリ秒)
});
});
</script>

最後に

Slider proは簡単に使えて、便利な機能が豊富に付いています。
いろいろ触ってみて、サイトに使用してみてください。

  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

 TOP