サイトの画像コピーや右クリックでの操作を禁止する方法

以前、ワードプレスのプラグインで、こんな記事を掲載していました。

サイトコンテンツのコピーを防ぐプラグイン「Check Copy Contents」、「Easy Watermark」

今回はワードプレスのプラグインではなく、静的htmlサイトのコピーや右クリックを防止する方法を紹介したいと思います。

ページのコピー禁止

ウェブサイトページのコピーを禁止する方法ですが、bodyタグを次のように変更すれば、簡易的にコピーを禁止する事が出来ます。

<body oncopy="return false;">

単にコピーを禁止するだけでなく、コピー禁止の警告を出す場合にはこちら

<body oncopy="alert('コピー禁止');return false;">

上の「コピー禁止の部分」が、コピーをしようとすると表示されます。

右クリックの禁止

ブラウザ上で右クリックの禁止を行う方法ですが、bodyタグを次のように変更すれば右クリックの禁止を行う事が出来ます。

<body oncontextmenu="return false;">

単に右クリックを禁止するだけでなく、警告を出す場合はこちら

<body oncontextmenu="alert('右クリック禁止');return false;">

最後に

ウェブページの不正コピーに困っている方には一度試してもらいたいと思います。

ただ、ほかの手段でコピーされることは多々あると思うので、しないよりはした方がましな程度にはなりますが、ある程度は防げるのではないかと思います。

また、右クリックを防止すると、右クリックのすべてのメニューが使えなくなるので、使用する際には気を付ける必要があります。

右クリックがOKなページもあると思うので。

  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

レスポンシブ・フレームワーク「Bootstrap」を使う際に便利なツール、アイコン、テンプレート
違うブラウザで同じ表示をさせるためには リセットCSSとノーマライズCSSの特徴
無料テーマPrinciple限定でのOGP設定方法(コードあり)
htaccessファイルの作成方法-サイトのリダイレクトやアクセス制限にも使えます
OGPにおける記述方法の勘違いと修正方法(2015年春時点での最新情報?)
アイコン付きのフラットデザイン風ボタンを簡単に作れるツール「2.5dBUTTON」
Dreamweaverを超えた?無料で使える高性能htmlエディタBrackets
Bootstrapを採用しているhtmlテンプレート&テーマ
サイト構造と被リンクの確認が無料で出来るツール「AdMatrix Analytics」
表示しながらCSSの編集が出来るFirebugの使い方
webデザインのグリッドレイアウト作成に使える無料ツール
Bracketsでお薦めの拡張機能(エクステンション)と拡張機能のインストール・アンインストール方法
レスポンシブサイト構築に便利なCSSフレームワーク、グリッドデザイン搭載の「HTML KickStart」
レスポンシブウェブサイトで必須!メディアクエリとブレイクポイントの仕組み
デザイン全般で使えるweb色見本

Menu

HOME

 TOP